Header image

歯と大切にしましょうとはよく聞きますよね。皆さんはどのようなことをしているでしょうか?またどのくらい歯を磨くことをご存じでしょうか?

歯周病の、全身疾患との結び付きが研究されているそうです。その中で、最近目にした記事は、「アルツハイマー」との関連性です。歯周病を患っている人は、アルツハイマーに影響があるようなのです。

実際に、既に動物実験などで、証明されているようなのですが、歯の病気が、全身の疾患に結び付いているというのは驚きであります。

さらに、歯周病は、糖尿病にも影響を与えているそうで、歯周病菌によってつくられる、炎症成分が歯の隙間などから血流に入り込み、全身をかけめぐり悪さをしているようなのです。

このような症状を食い止めるには、まず、日頃の皆さん自身の歯磨きによる正しいブラッシングで、お口の中の衛生環境を整えなくてはならないそうです。

また、定期的に歯科クリニックなどに通い、歯石を取り除いてもらう必要があるようです。このような治療を、スケーリングなどと呼ぶようですが、歯の根元に固まった歯石を取り除く事で、歯周病の炎症を抑えてくれる効果があるようです。

皆さんは、お口の中の歯石を、ただの食べカスの塊のように感じているかもしれませんが、歯石は、細菌の塊なのです。歯石がお口の中にある状態は、決して通常の状態であると思わないで頂きたいと思います。

歯周病の治療は、まず、歯石を定期的に取り除く事からはじまります。歯にこびり付いた歯石が、全身の疾患と結び付かないように、こまめにデンタルケアを行いましょう。

このように歯と健康には関わりがあり、歯を磨ききれいに保つことは大切です当サイトでは歯に注目し、歯をきれいに保つには・歯科・病気にまで話を膨らませていきます。

歯磨き。ミガコウfestのトップへ