Header image

中世の頃の人々は、歯の痛みや苦痛があると、「アポロニア」と呼ばれる女神の名前を唱えていたそうです。その女神の名を呼ぶことで、歯痛や苦痛が和らぐと考えられていたそうです。

現代社会では、歯科クリニックをおススメ致しますが、古来の歯痛を治療するには、このような歯の守護聖人と信じられていた女神の名を唱え、その他には、抜歯を行うことが主な治療であったようです。

現代の日本社会では、多くのデンタルケア製品を手にする事ができ、また、歯科医療の発達から、困難な歯の治療も可能となってきました。

ですが、皆さんの永久歯は一生ものであり、永久歯を一度、失ってしまうと2度と生え変わることはありません。歯痛を感じたら、歯の女神の信仰とともに、即、かかりつけの歯科クリニックに予約を入れましょう。

同じ地球上に住む生き物の中には、一生のうちに、失った歯が生え変わる生き物もいます。

その代表格が、「サメ」であります。サメの鋭利な歯は、サメの特徴を表わす際の最も目立つチャーポイントの1つでありますが、サメの歯は、その個体の種類によっても異なりますが、失った歯が再生するしくみをもっているのだそうです。

また、その他の動物には、ウサギや、ネズミ、カバなどがいるようです。人間も、乳歯から永久歯に生えかわりはありますが、永久歯は一生モノの「歯」となります。

歯磨き。ミガコウfestのトップへ