Header image

虫歯治療は進行度で変わる(C₃~C₄)

多くの人が生涯に一度は罹るという虫歯。歯周病と並ぶ歯を失う二大原因の1つとされており、C₁~C₄という様に進行度が分類されています。そしてその分類によって治療法は変わってきます。C₃の段階になると、虫歯は深くなり病変は歯髄にまで及んでいます。歯髄が生きている状態と死んでしまっている状態があります。それによって症状や治療法が異なるので2つに分けて考えると良いでしょう。歯髄が生きている場合。C₃のはじめ、熱いものが沁みます。鈍痛ですが弱くはなく、熱いものが口からなくなっても、うずくような痛みがしばらく続きます。何もしないのにズキズキ痛む事もあります。いずれもC₂より痛みの持続時間も長くなります。歯髄は生きていますが、既に機能を回復させる事は難しい為、通常は抜髄が行われます。

admin

About author

admin