Header image

抜髄という治療

抜髄とは、所謂「神経を抜く」治療です。抜髄後はCR修復やインレー修復が行われます。抜髄をするには歯を大きく削らなければならない為、残った歯が少ないことがありますその場合にはクラウンを被せる処置を行います。続いて歯髄が死んでいる場合、熱いものが沁みる状態を放置すると、やがて痛くなくなります。これは歯髄が死にかけて痛みが伝わりにくくなったか、歯髄が完全に死んだ事を意味します。一方で、噛むと痛い事があります。感染が根の先から歯を支える組織に広がって炎症を起こしている為、歯の周辺の神経が痛みを伝えるのです。根の先の炎症部を「根尖病変」、これがある状態を「根尖性歯周炎」と言います。痛いだけでなく、歯茎が腫れる事もあります。この段階では、歯の根の中に感染が広がっています。そこで細菌やボロボロになった歯髄の残骸を取り除き、内部をきれいにする「根の治療」、正確には「感染根管治療」が行われます。残った歯が少ない事が多く、その場合には詰め物ではなく、被せ物が必要になります。C₄へと進行している場合、歯冠(歯茎から上の見えている部分)の大部分が崩壊してなくなった状態です。歯髄は死に、多くの場合、根尖性歯周炎を伴っています。抜歯の必要性も生じてきます。

admin

About author

admin