Header image

歯科に頼らず虫歯を防ぐ方法

虫歯になってしまったら歯科クリニックで治療が必要ですが、まだ虫歯がないなら予防が重要です。
虫歯は菌が作り出す酸によって歯が溶ける病気で、脱灰という現象の進行が目に見える虫歯となります。
歯は通常、唾液によって再石灰化により守られており、酸で脱灰が生じても深刻でなければ回復します。
つまり虫歯は進行しないわけですが、歯磨きを疎かにしたり、虫歯菌が増えやすい口内環境だと急激に虫歯が進行して悪化します。
虫歯を防ぐにはまず正しいケアで脱灰を防ぐこと、口内環境のバランスを整えることがポイントになります。
再石灰化を促すフッ素の塗布は歯科医師も認める効果的な予防方法ですし、唾液が出る食べ物を口にしたり、リラックス状態を作り出すこともおすすめです。
甘い食べ物、特に砂糖は口内環境を虫歯菌の酸が作り出しやすいものにしてしまうので、一般的な砂糖を避けて代用甘味料のキシリトールを選ぶのも手です。

admin

About author

admin