Header image

根管治療で感染リスクを抑える

根管治療は虫歯が進行したことで生じる歯の神経の炎症や感染を起こした際に行う治療のことです。根管治療が必要な理由は、炎症や感染をそのまま放置しておくと歯が痛くなりますし、歯茎が腫れるなどの問題が生じるからです。症状がかなり進行すると、リンパの腫脹や熱発など全身の感染リスクが高くなってしまいます。根管治療を行えば、これらに症状の予防や軽減が可能です。
治療を受ける歯医者はしっかり比較して決める必要があります。根管治療を得意としていて、高いスキルを持っていることも大事なポイントです。スキルが不十分だと治療後に強い痛みが生じたり、完治するまで時間がかかることが少なくないので注意してください。評判などをチェックするべきです。

admin

About author

admin