Header image

抜けた歯の正しい保存法を知ろう

抜けた歯を正しく保存していれば、歯医者で元の位置に定着させてもらえる可能性があります。元の位置に定着できる状態を維持するためには、歯根膜と呼ばれる部分を乾燥させない保存法であることが重要です。非常にデリケートな部分で、口内以外では30分程度で死滅してしまいます。乾燥させないようにするためには、専用の保存液を活用する方法がおすすめです。液がない場合は牛乳や唾液で代用することができますが、専用液が24時間維持できるのに対して、牛乳は6時間、唾液は1時間ほどしか持たないので注意が必要だと言えます。どの方法を選ぶ場合でも、確実に液体に歯を浸すことができるようにしておき、なるべく早く受診するようにしましょう。

admin

About author

admin